自分は何がしたいのか、何をするべきなのか

この記事は約4分で読めます。

自分が誰かの為になっているのか

今回の記事は完全に悩みがある方とかの為になるような記事ではなく、完全に自分自身の話になります。完全な独り言ですwwwただ聞いてほしいだけですwww

こんな人がいるんだなーとか、4takaってこんなやつなんだって思いながら見て下さい。

『お前の話なんか興味ねーよ』って方は、まだ反抗期なんでしょう。反町隆のポイズンでも聞いて出直して来てください。「言いたいことも言えないそんな世の中じゃ~ポイズンっ」です。

たまには言わせて下さい・・・。

はい! では何を書くのかといいますと、今現在、僕も迷子になってるんですよ。

なぁ~んか自分が誰の為にもなってないなーってよく思ってました。

勿論、相談とか受ける時に解決までのプロセスを導いて、すっきりしてもらって喜んでもらえることはあるんですが、それは仕事でも何でもない部分。

もう30越えてるから凄く考えるんですよ、自分のやっていることは誰かをHAPPYにしているのか、何ならどろどろの夜の世界にいる以上、結局のところ誰かが悲しんで悔しがって涙して生まれているお金しか得てないんじゃないだろうかとか。

現実世界

むふふな大人の遊び場でも高いお金を出して、修正されてる写真やらなんやら見せてもらい、店員さんに言いくるめられ、出てきたときにオーマイガーって言って怒ってる人ばかり。働いている人だってお金が必要なだけで喜んで仕事してるわけじゃないだろうし。(もちろん好きで働いてる人もいるよ)

キャバやホストの飲み屋だって結局、好意を持ってるようにみせてずっと引っ張り、騙しながらお金を使わせてる訳で、なんなら最近の金額は風俗なんかよりエグイよね。(でもそんな感覚で働いている人だけじゃないからね)

内勤で働く男性スタッフも所詮男、チャンスがあれば悩み聞きますってスタンスで弱ってるお店の女の子を狙って抱くし、なんならお店全体で色管理(ヤったり付き合ったりして働かせる)をしてるお店だってあるわけで、それを知らないお客様からするともう何しに飲みに来てるか分けわかんないよねwww

恋愛でも、そういう色管理でホントの恋じゃないし、もし恋人がそういう歓楽街の場所で働いている相手は正直、自分の恋人は夜で働いてるんだぞー!ってみんなに言えるくらい嬉しい事では無いだろうし逆に心配だろう。

たまに、恋人はこの仕事に理解がある人だからとか言ってますけど、本当に理解がある人だったらまず辞めるための計画を立てさせます。

都合がいいよね、周りにチヤホヤされている人を自分の恋人だっていえるステータスとかあるし、色々メリットは多いが、結婚の二文字を相手から聞いたら大抵は尻込みして先に先にとはぐらかすだろう。(笑)

もし、貴方が結婚を親に報告するとしよう、そこで

『〇〇さんと結婚したい、仕事はホストしてるの』

「・・・。」て親はなるよね。

『○○ちゃんと結婚しようと思うんだ、仕事はキャバ嬢でこれからも続ける予定』

「・・・。」て親はなるよね?

現実、”旦那の職業ホストです”、”奥さんの職業キャバ嬢です”

子供に、”パパの仕事はホストです”、”ママの仕事はキャバ嬢です”

って言わせることになんの違和感もない??(子供がいてシングルで頑張ってる飲み屋の方は神レベルに尊敬してます)違和感無い奴はもうこの記事見なくて大丈夫です。。僕の負けです( ゚Д゚)

でも経営されながらもプレイヤーでやられてる方はすごいなぁーとは思います!!!

あっ!話がそれてしまった。。。

自分が求めていたこととは

とにかく、何かが違うと若い頃から違和感を抱いてはいたんですが年々その思いが強くなってきて、今です。。

やはり、仕事や人生は本当に自分がしたいことをやるべきではないか。僕に限らず、自分が得意な事が自分の好きな事という人はあまり多くはないでしょう。

とりあえず受かったから、給料がいいから、楽だから、家が近いから、専門学校いったからその流れでとか。

もちろん、その仕事を続けていき知ることで好きになり、ずっと続けていく人も少なからずいるでしょう。僕の場合も自分にあった環境なのかもしれないと思うこともありましたが、最初に記述したように関わる人みんなに喜ばれる仕事や何かをしたいという気持ちが完全に勝りました。

さぁ、そこで僕が次に、新たに何をしていくのかは次の記事で見てみましょう!!!

れっつ GO----!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました