恋の終わりは〇〇の瞬間

この記事は約4分で読めます。

2019年11月下旬、今日は大寒波により外は寒さと強風で体の芯から冷えてしまい、足の指先は痺れを感じるくらいだ。こんな時には無性に人肌が恋しくなってしまう。
大寒波と共に恋人がいない方にはとても辛い時期に入っていく。しかし、恋人がいる幸せな貴方もそういう時期だからこそ他人事と思わずに恋人を大切にしてあげましょう。


今回お話する記事の内容はタイトルにもあるように”恋の終わり”について少しだけ書いていきたいと思います。
十人十色という言葉は様々な場面で見かけますが、恋愛の終わり方も十人十色。付き合い方も違えば別れ方もそれぞれ違いますよね?
色々な方の恋愛を聞いてきて最近辿り着いたのですが、ある瞬間が”終わりの始まり”だと気付きました。それが何かというと・・・。


寂しさや不安が苛立ちに変わった瞬間が終わりの始まりだということです。


なぜかと言いますと、普通は何かのキッカケで言い合いになったり、喧嘩になったり、ふとした時の相手の行動や発言に苛立ちを覚えますよね?それが自分自身が相手に抱く寂しさや不安の感情で苛立ちが起きてしまうというのは、すでにいい関係性を築けていないから生まれる感情なんです。


そんな事ないよ。と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は気付いてないだけで普段の日常生活に結構潜んでいるものなんです。


例えば、仕事が終わると毎日連絡を入れてくれて、自分の仕事が終わって寝るまでの間お互い他愛もないやり取りを繰り返すという二人にとっての大切な日課がある。だが恋人から今日は連絡が来てない。貴方は恋人が今日会社の飲み会があると言ってた事を思い出し、自分から「お疲れ~楽しんでる?」とLINEを送る。


しかし、1時間2時間経っても既読すらつかない。当然恋人の会社には異性もいて、普段からちょくちょく名前を聞いてる人もいる。本当に好きだからこそ不安になり善からぬことが頭をよぎる時もある


”もしかしたら・・・。”


それでも貴方は恋人を信じて”会社の飲み会だから連絡出来ない状況かもしれない”と気持ちを落ち着かせ連絡を待つでしょう。
時間が経ちふと時計を見るともう普段なら寝ている時間。それでも恋人からの連絡は未だにない。だが既読にはなっている。結局その日恋人からの連絡はないまま朝を迎えた。


ここで想像してみて下さい、貴方が抱くであろう感情はどんな感情ですか?
寂しさや不安はもちろんありますよね?しかし最終的にその感情は苛立ちに変わってしまいませんか?


当たり前のように行われていた毎日のやり取りが出来ない事。数時間経っても既読すらつけない状況。既読にはなっても一言すら返さない相手の行動。自分の知らない異性への不安。お酒というイレギュラーを起こす可能性のある場面。


大抵の人は自分の寂しさや不安が、ここで相手への苛立ちに変換されると思います。なぜ何時間も連絡がないのか?なぜ既読に出来て一言も返信できないのか?という風に。

本来なら相手の仕事での用事やプライベートな時間ですので、相手が何をしていようと仮に連絡が出来なくとも全く悪くはありません。

ですが、付き合うことで始まった毎日の他愛もない連絡のやり取りが。仕事が終わると必ず教えてくれていた相手の気遣いが。普段なら帰宅し寝ているであろうという行動把握が。貴方の中だけで構成された恋人への”あたりまえ”が崩れてしまうと不安から苛立ちへと変わってしまいませんか?

どれだけ貴方が相手を愛していても貴方の物になった訳ではありません。全てを信じ全てを許すことは出来なくとも、あたりまえという必要のないルールが作り出した感情は持つべきではありません。それはただの”支配”になっているからです。

また、このような状況に置いて相手の行動も問題です。恋人という特別な存在である人を不安にさせているからです。

少し考えればわかりますよね?いくら逆らえない人間が一緒に居たとしても、トイレに行った際に連絡するなどは容易に出来ます。ましてや、一度既読にしている時間があった訳ですから一言「ごめん連絡できなくて」などの簡単な返信は可能です。面倒くさいや、言わなくても分かってくれるだろう等の自分本意な考えのもとうまれる行為ですよね。

今回の例えのように、二人の中でのあたりまえと思ってしまい信じることが容易ではなくなってしまった側、仮にも異性もいてお酒を飲む場面で恋人を少しでも安心させようと気遣いが出来なかった側。

どちらにも問題はありますが、普段からのコミュニケーション不足が問題でよくあることです。こういう小さな不安や気遣いだからこそ、これくらい分かってくれるだろうと相手に自分の考えを押しつけて理解を求めてしまいます。お互い赤の他人だからこそ小さなことの方が理解できずに意外と別れの原因にまで発展してしまうことが多いんです。

恋人がいない人は、もし次に出会いがあれば長く付き合うためにもお互いの大切にしている考えなどを事前に話、余計な不安や寂しさを抱かなくていいように理解してからスタート出来ればいいのかと思います。

すでに大切な恋人がいる人は、改めてお互いの事を理解し深め合うためにも、お互いの譲れない大切な何かを将来の為と思い楽しく二人で話合ってみては如何でしょうか?

寒い冬を乗り凝れば必ず陽気な春が待ってます(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました